大来です。
はじめて五島にであった2010年から毎年数回訪れています。
五島にはコンビニぜんぜんないし、
便利でなんでもある普段の生活とはまったく違う。
よく、田舎でのんびりした~いキャピ、みたいなこと聞くけど、
実はわたしは逆かなと思ってたりします。
田舎って何もないけどなんでもあります。
情報量が多くて解像度が高いってことなんだとわたしは思っていて、
ときどきそんなことを人に話したりするけど、
田舎ってなんもねえじゃんって言う人もいます。何があるの?と。
日々変わるものと、毎年変わらないもの。
砂ひとつとったって、風の強さだって、空の色だって、
同じものは体感できない。
でも景色がかわらず毎年迎えてくれてる安心感もある。
たぶん全部はじぶんの気持ちの問題で、
そういう自然の力を感じた時に、自分がそのエネルギーに対峙できる強さがないと
負けてしまう。
だから向き合おうと思える。わたしの自然体。
わたしにとって五島はそういう場所です。
そこにみんなが来てくれるとうれしいです。